ホテルロウスは名士の館を改築したものでその歴史は1295年のピルゼン市創立にまでさかのぼります。建物にはアーチ型天井や壁石等オリジナルの建築要素が残され、主要部のレイアウトもそのまま保たれておりました。
歴代の所有者の中で最も興味深い人物として狂気の織物商人がおり、彼はこの建物の屋根裏でピルゼン市初の娼婦宿を営んでおりました。そのため彼は1789年にルネッサンス市庁舎前で処罰されました。

ロウス家はズブロイニツケー通り7番のこの建物を1996年より所有しております。近年、3年におよぶ大規模な改装工事を行いましたが建物の歴史的な特徴はそのまま残されております。